ステージナタリー

ミュージカル「魔界王子」八百屋舞台が360°回転、石渡真修「体験したことがない」

701

ミュージカル「『魔界王子 devils and realist』the Second spirit」ゲネプロより。石渡真修演じるウイリアム。(撮影:鏡田伸幸)

ミュージカル「『魔界王子 devils and realist』the Second spirit」ゲネプロより。石渡真修演じるウイリアム。(撮影:鏡田伸幸)

ミュージカル「『魔界王子 devils and realist』the Second spirit」が11月4日に東京・新宿FACEで開幕した。

本作は類まれなる頭脳の持ち主であるウイリアムが、意図せず悪魔ダンタリオンを呼び出してしまったことから始まる、高殿円と雪広うたこによるマンガが原作の“学園悪魔ファンタジー”。昨年2016年6月に上演された前作に続く第2弾となる今作では、360°に回転する八百屋舞台へキャストが4方向から出入り。舞台上で20曲以上のミュージカルナンバーを披露する。

ゲネプロ後に行われた会見には、ウイリアム役の石渡真修、ダンタリオン役の鮎川太陽、ケヴィン役の田村良太、シトリー役の櫻井圭登、ジル・ド・レイ役の碕理人、ミカエル役の山中健太、クロスビー牧師役の松本祐一、バアルベリト役の遠藤誠、バフォメット役のKENらが出席。カミオ役の米原幸佑はスケジュールの都合によりゲネプロは欠席し、代役を市川耕大が務めた。

石渡は「本当に自分たちでも体験したことがない舞台です。もちろん、お客様も体験したことがない世界が広がっていると思いますので、お客様と一緒に楽しめるようにキャスト全員で挑みたいと思います」と挨拶。鮎川も「魔界と人間界と天界と三つ巴の交戦が、この新宿FACEにて繰り広げられておりますので、ぜひ首の体操をしてお越しください」と続き、観客の期待をあおった。

見どころについては、田村が「360°お客様に囲まれた場所の中で、お客様もそれぞれ別の場所からお楽しみいただきます。皆さんが見たこともないような舞台になっていると思いますので、ぜひ劇場に来て確かめていただければと思います」、碕が「前作から新メンバーも加わり、新キャラクターも加わり、とても魅力的なキャラクターがたくさん出てきます。歌もダンスも、もちろんお芝居も、さらにパワーアップした『魔界王子』を皆さんに見ていただきたいですし、360°舞台ということでものすごい臨場感になっています。エンターテイメント! 遊園地みたいになっております。ぜひ生でご覧になっていただきたい! やっぱり舞台は生が1番ですよ!」とアピール。

櫻井は「ミュージカルということで、歌でどれだけ人に感情を伝えることができるか。僕自身このカンパニーで今回学ばせていただいたのでそれを表現できるようにがんばっています。また、ひとつ変わった姿を見せたいと思いますので楽しみにしていてください」と語り、山中は「僕の役は、天使なのに人を足蹴にしてしまう、魅力的な役柄です。作品を盛り上げられるように精一杯がんばりますので楽しんでください」とコメント。KENは「1番最初に歌うという重要なパートを任せられたので、前回以上に最初から皆様を魔界の世界にお連れしたいと思います」と意気込むなど、出演者各々がそれぞれに目標を掲げた。

松本は「先ほど、ゲネプロを終えまして、ここ新宿FACEが魔界王子の世界になりました。キャストもお客さんにどんどん近づきます。ひとりひとりがどんな表情で舞台に立っているのか、よくご覧ください」と挨拶。遠藤は「ついに初日を迎えます。このカンパニーで1カ月間一生懸命稽古してきました。素晴らしい作品になっていると思います。ぜひ劇場で皆様を魔界に誘いたいと思います」と語った。

公演は12日まで。なお11月11日にはニコニコ生放送で配信を行うほか、本公演のDVDが2018年5月30日に発売されることも決定した。

ミュージカル「『魔界王子 devils and realist』the Second spirit」

2017年11月4日(土)~12日(日)
東京都 新宿FACE

原作:高殿円
漫画:雪広うたこ
脚本:伊勢直弘
演出:元吉庸泰

キャスト

ウイリアム:石渡真修
ダンタリオン:鮎川太陽

ケヴィン:田村良太
シトリー:櫻井圭登
ジル・ド・レイ:碕理人
ミカエル:山中健太
クロスビー牧師:松本祐一
バアルベリト:遠藤誠
バフォメット:KEN

カミオ:米原幸佑(特別出演)
ほか

(c)2017高殿円、雪広うたこ・一迅社/ストラドフォード校歌劇部

ステージナタリーをフォロー