ステージナタリー

「ACCA」開幕前日会見、ジーン役の荒木宏文「次を期待してしまう作り込み」

1218

「舞台『ACCA13区監察課』」開幕前日会見より。左からニーノ役の丘山晴己、ジーン・オータス役の荒木宏文、モーヴ役の蓮城まこと。

「舞台『ACCA13区監察課』」開幕前日会見より。左からニーノ役の丘山晴己、ジーン・オータス役の荒木宏文、モーヴ役の蓮城まこと。

「舞台『ACCA13区監察課』」が、明日11月3日から東京・品川プリンスホテル クラブeXにて開幕。これに先がけて11月2日に開幕前日会見が行われた。

オノ・ナツメのマンガを原作としたアニメ「ACCA13区監察課」を舞台化する本作。13の自治区に分かれた王国にある巨大統一組織“ACCA(アッカ)”本部の監察課副課長ジーン・オータスと、その友人であるニーノを中心とした物語が展開される。

会見にはキャストの荒木宏文丘山晴己蓮城まことが登壇。ジーンを演じる荒木は「円形のステージを使った作品です。どの角度からも見られてしまうこの劇場だからこその演出を視野に入れて稽古してきました。どこから観ても満足していただける作品になったと思います」と自信をのぞかせる。

ニーノ役の丘山は「マンガやアニメのニーノのイメージ像が皆さんあると思うんです。舞台にするときに、そこをどう表現していくかが大変でした。精一杯やらせていただきますので、楽しみにしていてください!」と観客に呼びかけた。

モーヴ役の蓮城は開幕を翌日に控え「楽しみであり、緊張であり……ドキドキしております。私自身モーヴという役が大好きですし、マンガ、アニメから飛び出した舞台版が初めてということなので、がんばりたいと思います」と意気込みを語った。

記者から役どころについて質問されると、蓮城は「モーヴはとても強い女性ですが、人間らしい弱い部分を隠しているという裏の部分も作っての強さを意識しています」と答える。続けて丘山はニーノについて「内務調査課の覆面局員・クロウとしての仕事と、ニーノ自身のキャラクターの二面性をうまく見せることができたらと思います」と述べた。

荒木はジーンについて「原作やアニメのジーンって脱力系だと思うんですが、舞台で演じる上で、首から下は気を抜くことができないので、表情の脱力と首から下の立ち姿のバランスを意識しました」とコメント。最後に荒木は「1回観た方も『違う席で別の角度から観たい!』と、次を期待してしまう作り込みになっています」と締めくくった。なお本作のBlu-ray / DVD が、2018年4月24日に発売されることも決定している。

※初出時、タイトルと本文に誤りがありました。訂正してお詫びいたします。

「舞台『ACCA13区監察課』」

2017年11月3日(金・祝)~12日(日)
東京都 品川プリンスホテル クラブeX

原作:オノ・ナツメ(月刊「ビッグガンガン」スクウェア・エニックス刊)
脚本・演出:石井幸一
振付:黒田育世

キャスト

ジーン・オータス:荒木宏文
ニーノ:丘山晴己

スペード:平川和宏
パスティス:鷲尾昇
パイン:伊藤明賢
モーヴ:蓮城まこと

オウル:川本成
ウォーブラー:伊阪達也
ビスキュイ:鳶野恭平
シュヴァーン:山崎晶吾(※「崎」はたちざきが正式表記)
マギー:北川尚弥
ロクステッラ:前田隆太朗

文、秉泰
Ibu

グロッシュラー:鈴木省吾

リーリウム:今村ねずみ

ロッタ:悠木碧(声の出演)

(c)オノ・ナツメ/SQUARE ENIX・ACCA 製作委員会 (c)舞台 ACCA 製作委員会

ステージナタリーをフォロー