ステージナタリー

「SONGS」に芳雄、育三郎、松也、城田「一番ディズニー愛深いのは僕」

2403

「SONGSスペシャル」記者会見より。左から井上芳雄、山崎育三郎、尾上松也、城田優。

「SONGSスペシャル」記者会見より。左から井上芳雄、山崎育三郎、尾上松也、城田優。

3月25日にNHK総合にて「SONGS スペシャル」の放送が決定。「ディズニーミュージカル名曲集(仮)」と題し、井上芳雄尾上松也城田優山崎育三郎が歌声を披露する。この番組収録中のスタジオで、会見が行われた。

2015年にミュージカル「エリザベート」で共演した4人。「ずっと暑い夏を過ごしたメンバーなので」と城田が語る通り、会見場に姿を現わすなり打ち解けた様子で話を始めた。出演にあたり井上は「ディズニーが大好きで、普段も歌っていますし、この4人で歌えるのがうれしいです。これまで共演経験はありますが、今回それぞれが意外な曲を歌っていたりするので、オンエアが楽しみですね」と語る。松也は「歌番組の出演は初めてで非常に緊張しています。僕もディズニーのファンで子供の頃から曲を聴きながら育ってきたので、出演できて非常に光栄です」と出演の喜びを述べ、城田も「今回は4人で一緒に歌ったり、他では見られないコラボレーションもあるんです」と見どころを述べる。「ミュージカル俳優の中で一番ディズニー愛が深いのは僕です」と語った山崎に、松也と城田が「僕もです」とすかさず挙手して否定すると、一瞬遅れて「じゃあ僕も」と井上が続き、記者たちから笑いが起きるひと幕も。山崎は「(4月に公開される)実写版映画『美女と野獣』の吹き替えをやらせていただいたのですが、今回、(ベル役の)昆(夏美)さんとこんな素敵なセットの中でテーマ曲を歌わせていただいて」と感激を述べた。

また、本番組へのオファーを知ってまず誰に連絡したかという質問に、井上が「僕は誰にも連絡しません」と答えると、城田が「僕らは、グループLINEで連絡しあって……」と松也、山崎に目配せする。井上「えっ」、山崎「あの、僕らは同世代で芳雄さんは1つ上の世代だから……」、松也「芳雄さんはLINEやってないし」、井上「最近始めたよ!」、城田「それ知らなかった!!」と4人がポンポンと言葉を交わし、仲のよさを見せる。また城田が「実は僕、今舞台(「令嬢ジュリー」)の本番中で、番組への出演は正直厳しいかなと思ったのですが、このメンバーならぜひと。そういうモチベーションになるメンバーです」と語ると、松也も「このメンバーはレア。初めての歌番組は不安でしたが、この4人ならと思って」と頷く。山崎も「前回4人が共演した際は、僕と松也が同じ役、優と芳雄さんが同じ役だったので4人が同じ舞台にそろうことはなかった。なので一緒に歌うのが楽しみです」と笑顔を見せた。

4人が一緒に歌うのは、「Let It Go~ありのままで~」。城田は「通常1人で歌う曲だから4人が心を1つにして歌わないと」と発言すると、井上は「力強い曲なので、男性で歌ってもいいと思う。僕も1人で歌うし、男2人で歌ったこともあるよ」とエピソードを披露した。

最後、「それぞれのお気に入りのディズニー作品は?」という質問には、松也が「『アラジン』が大好きで。“ホール・ニュー・ワールド”ですね」、山崎は「僕も『アラジン』が一番だったんですけど、今回『美女と野獣』を見直したら、楽曲もとても素晴らしくて。今は『美女と野獣』がトップですね」と返答。井上は「ディズニーの音楽はどれも好きで……」と曲は選ばず、「作品としては『ファインディング・ニモ』が一番好きです。観るたび泣いてしまいます」と続けた。城田は「僕も『アラジン』」と即答したあと、「ただ僕も『シンデレラ』の実写版で王子役の声をやらせていただいた際、日本版限定であの有名な『夢はひそかに』を歌わせていただいたのが本当にうれしかったんです」と感慨深げに振り返った。

NHK総合「SONGSスペシャル」

2017年3月25日(土)22:30~23:10

演奏曲

「アンダー・ザ・シー」山崎育三郎Little Glee Monster
「ホール・ニュー・ワールド」尾上松也屋比久知奈
「サークル・オブ・ライフ」井上芳雄
「Let It Go~ありのままで~」井上芳雄、尾上松也、城田優昆夏美、屋比久知奈、Little Glee Monster
「ONCE UPON A DREAM~いつか夢で~」大竹しのぶ
「夢はひそかに」城田優、昆夏美
「君のようになりたい」Little Glee Monster、城田優
「どこまでも~How Far I'll Go~」屋比久知奈
「俺のおかげさ」尾上松也、屋比久知奈
「美女と野獣」山崎育三郎、昆夏美

ステージナタリーをフォロー