ステージナタリー

映画「美女と野獣」昆夏美&山崎育三郎がロマンチックにデュエットソング披露

302

映画「美女と野獣」日本版デュエットソングお披露目イベントより。

映画「美女と野獣」日本版デュエットソングお披露目イベントより。

ディズニー・アニメーションを実写化した映画「美女と野獣」の日本版で、ベル役の声を担当した昆夏美と野獣役の山崎育三郎の日本版デュエットソングお披露目イベントが本日3月13日に東京・新宿バルト9で行われた。

昆と山崎は、それぞれベルと野獣を象徴する黄色と青の衣装で登場。山崎が昆の手を取りながら、薔薇で装飾された階段をゆっくりと降りて来た。2人はテーマソングである「Beauty and the Beast」をときに見つめ合い、ときにダンスを交えながら、情熱的に歌い上げ、会場からは大きな拍手がわき起こる。

その後、MCを交えてミニトークが行われた。楽曲披露の感想を求められた昆は「幼いころからずっと聴いていた『美女と野獣』の楽曲を、この衣装で、山崎さんと歌わせていただくことができて大っ変、楽しかったです!」と満面の笑みで答える。山崎も「昆ちゃんとは『ロミオ&ジュリエット』という彼女のデビュー作で共演して、そのあと『レ・ミゼラブル』でもご一緒しているので、どちらかというと声優として画面の前で歌ったりするより、こうして(実際に演じながら)歌うのが楽しかったです。この楽曲は、ボウルルームのシーンで歌われる曲で、そのときの王子とベルの気持ちになって、芝居として歌おうと臨んだのですが、いかがでしたでしょうか?」とオーディエンスに問いかけると、会場から大きな拍手が起こった。

共に幼いころからディズニーアニメに親しみ、本作に憧れていたという2人。昆は「ベルが着ているあの黄色いドレスを着てみたいなって女性なら誰でも思うと思うのですが、私も幼いながらそんな乙女心を抱いていて、それがこうしてベル役の声の担当として参加させていただけたことに自分が一番びっくりしています」と感激を述べる。山崎も「ディズニーと出会って、歌からお芝居に入る世界観を知りました。そこからミュージカルの世界に入っていったといっても過言ではないので、僕の人生のきっかけをくれたのはディズニー。ディズニーの作品にかかわることが僕の夢でもあったので、それが今回叶いました」と感慨を述べた。

また、ディズニー作品には欠かせない、アラン・メンケンの楽曲の魅力について、昆は「アラン・メンケンさんの楽曲に共通するのは、一度聴いたら耳から離れない曲ということ。その曲を生み出した“神”に、ロンドンでプレミアに参加させていただいたときに、お会いしたんです! 気さくに挨拶してくださってとてもお優しい方だなと思いました」と笑顔で語る。山崎はそんな昆の言葉に頷きつつ、「役者として演じるときも、アラン・メンケンさんの曲って自分たちがそんなに想いを込めなくても、役の感情とかキャラクターを考えられて作られた曲なので、しっかり言葉を曲に乗せればその世界に連れて行ってくれるんですよね」と演じる上での実感を語った。

最後にファンに向けてのコメントを求められると、昆は「この作品はいろいろな愛が描かれた、愛にあふれる作品ですので、ぜひ大切な方と一緒にご覧になってください」と挨拶。山崎は「単なる実写版ではない作品です。女性にとってもですが男性が見ても本当に素晴らしい作品で、これまでアニメでは描かれなかったベルと野獣の幼少期の話が描かれていたり、さらに深くキャラクターが映し出されているので、野獣の心にもすごく引き込まれると思います。また、野獣の新曲が本作のために書き下ろされているのですが、その曲がすばらしくて。ボウルルームで2人が踊ったあと、野獣が初めて自分の心を押し殺してベルの気持ちを尊重する行動をとり、その後歌う曲なんですね。自分で歌い演じながらも思わず涙を流してしまうくらい本当に素敵なシーンになっています。ぜひエマ・ワトソンさんの字幕版と吹替え版、2回は見ていただきたいですね」と笑顔でアピールし、イベントを締めくくった。

4月21日に公開される映画「美女と野獣」は、父の身代わりとして野獣の城に捕らわれたベルが、次第に野獣と惹かれ合っていくさまを描いた物語。実写版ではベルをエマ・ワトソン、野獣をダン・スティーヴンス、ガストンをルーク・エヴァンスが演じる。

(c)2017 Disney Enterprises, Inc. All Rights Reserved.

ステージナタリーをフォロー