お笑いナタリー

「常滑お笑いEXPO」開幕、ジグザグジギー池田がノーセンス芸人の餌食に

550

「常滑お笑いEXPO2017 in 知多半島」スタート前の特番生放送の様子。

「常滑お笑いEXPO2017 in 知多半島」スタート前の特番生放送の様子。

昨日9月23日、「常滑お笑いEXPO2017 in 知多半島」が開幕した。

芸人100組以上が参加するお笑いフェス「常滑お笑いEXPO」は本日9月24日までの2日間にわたり、各会場でさまざまなライブが行われている。「常滑お笑い大使」のサンシャイン池崎ANZEN漫才みやぞんによる「この2日間滑らないことを誓います!」(みやぞん)、「爆笑させ続けることを誓います!」(池崎)という開会宣言のもと1日目がスタート。足を運んだ多くのお笑いファンと芸人が一体となって盛り上がった。

「常滑お笑い音楽祭」「常滑はだか祭り」「常滑コントEXPO」「常滑漫才EXPO」といったネタライブや、「前略、西東さん」(中京テレビ)の公開収録が行われたほか、東京・松竹芸能 新宿角座で恒例となっている「ノーセンスユニークボケ王決定戦」がここ常滑へ出張。いち・もく・さん・くぼた、イワイガワ・ジョニ男、オジンオズボーン篠宮、鬼ヶ島アイアム野田といったレギュラーメンバーに加え、ジグザグジギーフースーヤもゲストとして参戦した。

同じくゲストの藤崎マーケット・トキは、池崎や新宿カウボーイかねきよがスベっているにも関わらずポイントを稼いでいる様子に困惑させられる。またセンスあるコントを大いにイジられたジグザグジギー池田は永野から「焼きそばパーマ!」と野次を飛ばされ、注目を浴びる中「シェー位争奪戦」で優勝。胴上げされるなど辱められ、最後は変化球の三三七拍子「パンパンパンパン 焼きそばパン」でライブを締めくくった。

お笑いナタリーをフォロー