お笑いナタリー

なすなか那須「僕ら自身が一番楽しい」“草野球感”満載「あはれ!名作くん」第2期

502

(手前左から)なすなかにし中西、小野賢章、なすなかにし那須。(後列左から)うしろシティ金子、新海岳人、うしろシティ阿諏訪。

(手前左から)なすなかにし中西、小野賢章、なすなかにし那須。(後列左から)うしろシティ金子、新海岳人、うしろシティ阿諏訪。

なすなかにしうしろシティが声優として参加するアニメ「あはれ!名作くん」が第2シーズンに突入。その初回が明日4月7日(金)、「ビットワールド」(NHK Eテレ)内で放送される。

毎週金曜に放送中の「あはれ!名作くん」は、「かよえ!チュー学」の監督・新海岳人が手がける学園コメディ。名作物語にふさわしいキャラクターを育てる学校・竜宮小を舞台に、物語の主人公を目指す松田名作とおとぎ話をパロディ化した個性的なキャラクターたちとの賑やかな掛け合いが展開されている。第2シーズンの第1話では、6年生に進級した名作くんたちの前に、名犬ラッスィー先生が登場。先日都内でプレスコが行われ、メインキャラに声を当てているなすなかにし、うしろシティ、声優の小野賢章に第1期で得た手応えなどを聞いた。

声だけで演じることの難しさを痛感したというのはうしろシティ金子。「ゲストで声優さんが収録に来ると『全然違う!』って思います。普通は下手だと目立っちゃいますけど、芸人ばかりのこのメンバーだと逆にゲストの方が浮きます(笑)」と声優へリスペクトを捧げた。相方・阿諏訪は「ゲストの方がいると我々の“草野球感”が浮き彫りになります」と遠慮気味に述べるが、チームとしての一体感も得ている様子。阿諏訪に「『球遅えな……』とか思ってませんか?」と聞かれた小野も、芸人たちのとの共演を楽しんでいるようで、「もっと面白い言い方ないかな?って常に考えるようになりました。芝居とはまったく関係ないところでの面白いニュアンスを探ってみたり」と今までにない感覚で収録に臨んでいる。

桃のフォルムが特徴のキャラ・スウィーツを演じているなすなかにし中西は「あはれ!名作くん」が自身の「代表作」だと胸を張る。果物屋で桃を眺めていると「見られている」と感じるほどだと大げさに話してみせると、金子に「『こいつ万引きするんじゃね?』ってことじゃないですか?」と現実に引き戻された。それでも「最初は『我々みたいなものが……』という感じだったんですけど、最近は声優さんのゲストが来ても同じ声優目線で『どうも』と迎えてます(笑)」と自信ありげだ。

一方で、1人にさまざまなキャラが割り当てられている中、名作くんだけを演じ続けているなすなかにし那須は「声の幅がないんだなって、凹んでます」と肩を落とす。しかし収録時には軽妙なツッコミを披露し、スタッフから「うまいなあー」と感嘆がこぼれる場面も。新海監督は期待を込めて、OKだと思われるテイクでも別の言い方を要求することがあるといい、「バリエーションがあるのでどのテイクを使うか選ぶのが楽しい」と彼らの引き出しの多さに感心する。また監督は「もう名作のストックがない(笑)」と第2期スタートの出鼻をくじくような発言でキャストを驚かせつつ、「メインの5人がわちゃわちゃする回を増やしていきたい。本来のやりたい方向に行けそうです」と今シーズンでの目標を示した。

この取材中に「座長」のポジションに就くことになった那須が、最後に本作の魅力をアピール。「アニメのテンポというより、僕らが過ごす楽屋のテンポに近いので普段の関係性が出ている。やりながら、僕ら自身が一番楽しいんです。みんな台本以外の部分で笑わせ合っていて、監督が笑ったテイクを使ってくださるときも。そういう楽しさが伝われば」と語った。

なお「あはれ!名作くん」のDVD第1巻と2巻が5月24日に発売される。第1期で放送された全39話と、DVDだけのオリジナルストーリーも収録される。

あはれ!名作くん

NHK Eテレ 毎週金曜 18:20~(『ビットワールド』内)

(c)MSK

お笑いナタリーをフォロー