お笑いナタリー

「ライブのクセがすごい!」千鳥、三四郎らが“Fantastic”に漫才披露

471

プロジェクションマッピングで映像が映しだされた「Tokyo Fantastic Manzai」の舞台。

プロジェクションマッピングで映像が映しだされた「Tokyo Fantastic Manzai」の舞台。

昨日3月13日、「Tokyo Fantastic Manzai」と題されたお笑いライブが東京・TOKYO FM HALLで開催された。

「観た人にだけその意味がわかる未体験のManzai Live」とだけ告知されていたこのライブ。開演と同時に会場が暗くなり、ステージ前方の壁にサイバーチックな映像が映し出される。実はこの「Tokyo Fantastic Manzai」は、プロジェクションマッピングと大音量のBGMでスタイリッシュに演出された、新しい形の漫才ライブだったのだ。ド迫力の映像と音楽に客席から歓声が上がる中、トップバッターとして登場したのはレイザーラモン。HGは「めちゃくちゃおしゃれ!」と興奮した様子で「ファンタスティックフォー!」とギャグを披露し、そのままRGと舞台を大きく使った漫才を繰り広げた。

その後、MCの家城啓之が「ようこそTokyo Fantastic Manzaiへ!」と登場。「僕は昨年芸人を辞めて脚本家や演出家として活動してるんです。吉本興業、なぜオファーをしたのか? 芸人がたくさんいる中、なぜ僕なのか?」と苦笑いを浮かべる。またライブについて「実験的なライブの一発目でございます。この先の未来、これがスタンダードになるかもしれない。まさに今、皆さんは漫才の未来に向かった入口に立っている状態だと思いますので、ぜひ楽しんでください」と呼びかけた。

その後は霜降り明星ミキ千鳥トータルテンボス三四郎といった面々が渾身の漫才を披露。ネタ中に千鳥ノブが「登場するときにプロジェクションマッピング……ライブのクセがすごい!」と発言して観客の爆笑を誘う場面もあった。そしてトリの笑い飯がネタを終えると、家城が再びステージへ。「(スタイリッシュなので)エンディングトークもございません。最寄り駅は半蔵門駅ですから、帰りに何か食べるところもそんなにございません。友達と何か食べて帰りたいという方は、駅前に本当においしい『オリジン弁当』がありますので買っていっていただければと思います」と語ってライブを締めくくった。

お笑いナタリーをフォロー