音楽ナタリー

南條愛乃「アトム」誕生物語のアニメED担当、自身作詞の青春ソング

603

今春よりNHK総合テレビで放送されるテレビアニメ「アトム ザ・ビギニング」のキャスト第2弾およびエンディングテーマを歌うアーティストが発表された。

「アトム ザ・ビギニング」は手塚治虫が生んだ代表的キャラクター「鉄腕アトム」が誕生するまでを描いたオリジナルストーリー。追加キャストとして発表されたのは櫻井孝宏小松未可子佐倉綾音河西健吾飛田展男南條愛乃fripSide)の6名で、女性型ロボット・マリアの声を演じる南條はエンディングテーマも担当する。

南條が歌うエンディングテーマ「光のはじまり」は、彼女自身が作詞を手がけた書き下ろし楽曲。南條はこの楽曲について「前へ進んでいく力強さや情熱を表現したいと思い書かせていただきました。青春を感じられるような、純粋で真っ直ぐな気持ちになれる1曲です」とコメントしている。

放送開始に先駆け、3月末に東京・東京ビッグサイトで開催される大型アニメイベント「AnimeJapan 2017」では、キャスト陣が参加する「アトム ザ・ビギニング」のスペシャルイベントが行われる。

南條愛乃 コメント

マリア役について

原作では1シーンだけの登場でしたが、アニメではもっと登場回があるとのことで、頑張りたいです!

マリアは司会等もこなせる人気有能ロボットなので、私もマリアと一緒に作品を盛り上げていきたいと思います!

エンディングテーマ「光のはじまり」について

とても爽やかで前向きな楽曲になりました。駆け抜けるような疾走感が、毎日をロボット作りに捧げている主人公達の気持ちや熱意を表現していますし、また同じように何かに夢中になっている方達へのエールとしても是非聴いて頂きたいと思います。作詞も担当させていただけたので、前へ進んでいく力強さや情熱を表現したいと思い書かせていただきました。青春を感じられるような、純粋で真っ直ぐな気持ちになれる一曲です。

AnimeJapan 2017「アトム ザ・ビギニング」放送直前スペシャルステージ

2017年3月26日(日)東京都 東京ビッグサイト「AnimeJapan 2017」メインエリア内 オープンステージ
<出演者>
中村悠一(天馬午太郎役)/ 井上雄貴(A106役)/ 櫻井孝宏(堤茂理也役)/ 小松未可子(堤茂斗子役)/ 佐倉綾音(お茶の水蘭役)

(c)手塚プロダクション・ゆうきまさみ・カサハラテツロー・HERO'S / アトム ザ・ビギニング製作委員会

音楽ナタリーをフォロー