映画ナタリー Power Push - 「3月のライオン」

神木隆之介×有村架純インタビュー ワイルドな姉に弟は心が痛む!? 2人が明かすプロ意識と役への思い

羽海野チカの同名マンガを原作とした「3月のライオン」が前後編2部作で映画化。前編が3月18日、後編が4月22日に全国で公開される。「るろうに剣心」シリーズの大友啓史がメガホンを取り、キャストには神木隆之介、有村架純らが名を連ねた。

映画ナタリーでは、桐山零役の神木と零の義姉・幸田香子役の有村にインタビューを実施。自身が演じた役の印象や撮影現場でのエピソード、今後お互いに演じてほしいキャラクターなどを語ってもらった。なおインタビューの最後には、神木からのメッセージ映像も掲載しているのであわせてチェックしてみよう。

取材・文 / 秋葉萌実 撮影 / 佐藤友昭

キャラクター紹介
桐山零
桐山零(神木隆之介)
(神木隆之介)
17歳のプロ棋士。幼い頃に両親と妹を事故で亡くし幸田家に引き取られる。生きるためには将棋で強くなるしかないと努力を重ね、史上5人目の中学生プロとなった。
川本あかり、ひなた、モモ(倉科カナ、清原果耶、新津ちせ)
川本あかり
ひなた
モモ
(倉科カナ、清原果耶、新津ちせ)
母を病気で亡くした3姉妹。夜道に倒れていた零を長女・あかりが連れ帰ったことをきっかけに、彼と親交を深めていく。あかりは面倒見がよく、次女のひなたはがんばり屋、3女のモモは天真爛漫。
幸田香子(有村架純)
幸田香子
(有村架純)
幸田家の長女。父にプロ棋士への夢をあきらめさせられた。妻のいる棋士・後藤に好意を寄せており、彼と付かず離れずの関係を続けている。
二海堂晴信(染谷将太)
二海堂晴信
(染谷将太)
零の幼少期からのライバルであり“心友”のプロ棋士。難病を抱えているが、誰にも負けない情熱を持って将棋に取り組んでいる。
島田開(佐々木蔵之介)
島田開
(佐々木蔵之介)
地元山形の期待を背負うプロ棋士。プレッシャーからくる胃痛に悩まされている。二海堂の兄弟子にあたる。
宗谷冬司(加瀬亮)
宗谷冬司
(加瀬亮)
史上4人目の中学生プロとなった棋士。最年少で名人の座に就き、7タイトル制覇を成し遂げた。一部の人しか知らないある秘密を持っている。
後藤正宗(伊藤英明)
後藤正宗
(伊藤英明)
重厚な将棋が持ち味で、目力と存在感で周囲を威圧するプロ棋士。幸田柾近の弟弟子にあたる。入院中の妻がいる。
幸田柾近(豊川悦司)
幸田柾近
(豊川悦司)
亡くなった友人の息子である零を引き取ったプロ棋士。零に勝てなくなった自身の子供2人にプロへの道をあきらめさせる。
神木隆之介×有村架純インタビュー

将棋はとても楽しかったです!(神木)

──神木さん演じる桐山零は、中学生でプロ棋士となったキャラクターです。幼少の頃から俳優として活躍している神木さんに重なるところがあるのではと思いますが、ご自身で零と似ていると感じた点はありますか?

神木隆之介

神木隆之介 大友啓史監督に「神木と零って似てない? 境遇が一緒だよね」と言われたのがきっかけなのですが、周りからの見られ方が一緒なのかもしれないと思いました。僕は幼い頃から「この世界は年齢とか関係ないし、わがままも駄目。1人のプロとして立て。それができなかったら辞めろ」と親に言われていて。将棋の世界は年齢層が幅広くて60代の方もいらっしゃるし、その方がプロとして自分の目の前に座って、本気で倒しにかかってくる。こちらも吹き飛ばされないようにプロとして立っていなければいけないというのが、俳優の世界と同じなのかなと感じています。

──なるほど。劇中では、緊張感あふれる将棋の対局シーンが印象的でした。プロ棋士らしく見せるために、どういう役作りや準備をされたのでしょうか?

「3月のライオン」より。

神木 たくさん練習しました。将棋はもともと好きだったので、とても楽しかったです! でも(将棋を)指したいから指すという意識になる必要があったのが難しくて。

──原作者の羽海野チカ先生が、神木さんの指し方を「美しくて棋士そのもの」と褒めていましたが、努力の甲斐あってのものだったんですね(参照:羽海野チカが映画「3月のライオン」語る、「神木さんは手つきも仕草も本物の棋士」)。

神木 例えば僕らがご飯を食べるときは、“箸を持ってご飯を口に運ぶ”という意識はないですよね。プロの棋士の方は小さな頃から将棋に関わっているので、それと同じようなものだと思って。その感覚をつかむためにひたすら指していました。

「3月のライオン」前編 3月18日 / 後編 4月22日より全国公開

「3月のライオン」
ストーリー

中学生でプロ棋士としてデビューした桐山零は、東京の下町に1人で暮らしている。孤独を抱えながら将棋を指し続けていた彼は、ある日近隣の街に住む川本3姉妹と出会い、ともに囲むにぎやかな食卓に自らの居場所を見出すように。そして零は、彼女たちの支えを胸に若手ナンバーワンを決める新人戦トーナメントへ飛び込んでいく。

スタッフ / キャスト

原作:羽海野チカ「3月のライオン」

監督:大友啓史

出演:神木隆之介、有村架純、倉科カナ、染谷将太、清原果耶、佐々木蔵之介、加瀬亮、伊藤英明、豊川悦司ほか

神木隆之介(カミキリュウノスケ)

1993年5月19日、埼玉県生まれ。1999年「グッドニュース」でドラマデビュー。2005年に主演作「妖怪大戦争」で日本アカデミー賞新人俳優賞を受賞。「11人もいる!」「サムライせんせい」などテレビドラマで活躍する一方、「劇場版 SPEC~天~」「桐島、部活やめるってよ」「るろうに剣心 京都大火編 / 伝説の最期編」「バクマン。」「太陽」「君の名は。」などに出演。8月4日には「ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 第一章」が公開される。

有村架純(アリムラカスミ)

1993年2月13日生まれ、兵庫県出身。「阪急電車 片道15分の奇跡」で映画初出演を果たし、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で主人公の母親の少女時代を演じブレイクする。その後「ストロボ・エッジ」「映画 ビリギャル」などに出演。2016年には「アイアムアヒーロー」「僕だけがいない街」「夏美のホタル」「何者」が公開された。4月3日よりヒロインを務める連続テレビ小説「ひよっこ」が放送されるほか、8月26日に「関ヶ原」、10月に「ナラタージュ」の封切りを控える。

  • スマートパス
  • スマートパスプレミアム
  • ビデオパス