映画ナタリー

福原遥の初主演作「女々演」沖縄国際映画祭で上映、共演に玉城ティナや矢倉楓子

1247

「女々演」で主人公・沙彩を演じる福原遥。

「女々演」で主人公・沙彩を演じる福原遥。

福原遥の映画初主演作「女々演」が、4月20日から23日にかけて開催される「島ぜんぶでおーきな祭 第9回沖縄国際映画祭」の「TV DIRECTOR'S MOVIE」部門で初上映される。

本作は、高校演劇部に所属する仲良し5人組の女子を中心とした物語。地味な演劇部において唯一その美貌で注目を集めていたひかりが文化祭3日前に突然退部したことにより、残された4人が「ヒロインを誰が演じるのか」という問題に直面する。

主人公・沙彩を福原が演じるほか、ひかり役の玉城ティナ、さらに矢倉楓子NMB48)、小野花梨齋藤美咲が演劇部の仲間としてキャストに名を連ねる。また、福山康平秋山竜次ロバート)、橋爪功も出演。音楽をGoodbye holidayが担当し、テレビドラマ「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」「昼顔~平日午後3時の恋人たち~」で演出に名を連ねた高野舞がメガホンを取った。

福原は作品について、「SNSが発達している今の時代の学生にしかない感情や、独特の空気感、仲間同士の関係性、『あ~、こんな子いたな』と思えるような、思春期の女の子の“面倒くささ”がリアルで生々しく描かれた作品になっています」と説明している。なお本作の劇場公開は、2017年末から2018年初頭を予定。

福原遥 コメント

この度、映画「女々演」で、初めて映画の主演を務めさせていただきます。ずっと目標の1つでもあったので、本当にうれしいです。私が演じる沙彩は、自分とは真逆の女の子だったので初め不安が多くありましたが、今はどう見ていただけるか楽しみでいっぱいです。この作品は、SNSが発達している今の時代の学生にしかない感情や、独特の空気感、仲間同士の関係性、「あ~、こんな子いたな」と思えるような、思春期の女の子の“面倒くささ”がリアルで生々しく描かれた作品になっています。監督、キャストのみんなで、何度も話し合い、短い時間の中で、一つ一つ丁寧に作り上げました。女の子同士のぶつかり合いをどうぞお楽しみに!

※高野舞の高は、はしごたかが正式表記

映画ナタリーをフォロー