コミックナタリー

秋も会えるぞー!「セラミュー」新作公演も続投の5戦士がファンと喜び共有

1960

「『美少女戦士セーラームーン』-Amour Eternal-」DVD発売記念イベントの様子。左から楓、竹内夢、野本ほたる、小林かれん、長谷川里桃。

「『美少女戦士セーラームーン』-Amour Eternal-」DVD発売記念イベントの様子。左から楓、竹内夢、野本ほたる、小林かれん、長谷川里桃。

武内直子原作によるミュージカル「『美少女戦士セーラームーン』-Amour Eternal-」のDVD発売記念イベントが、本日3月20日に神奈川・ラゾーナ川崎プラザのルーファ広場にて開催された。

まず最初に「Music of the Spheres」のイントロとともに、セーラー5戦士を演じた野本ほたる竹内夢小林かれん長谷川里桃がミュージカル衣装で登場。息の合った歌とダンスを見せた後、野本は「今日はたくさんたくさん楽しんでってください!」と元気よく挨拶する。続けて5戦士のテーマソングという「Speed of Light」を力強く歌い上げた。

演奏が終わると、5人はDVDの見どころについてトーク。野本は「恋するサテライト」を挙げ、「10戦士で歌い踊る楽曲は初めてなので、最高のキラッキラでお届けしてます」と満面の笑みでコメントする。長谷川は「2時間半ぐらいの公演を私たちがずっと解説するというオーディオコメンタリーに挑戦したんです。細かいところまで突っ込んでいて、私たちと一緒に見ているような気分になれます」と音声特典をアピール。収録時には映像に見入り泣いてしまったキャストも出たそうで、竹内は「途中でティッシュの箱も出てくるので、そこに注目してください」と笑いを誘う。

続いての話題は自身が演じたキャラクターについて。長谷川と小林は長い髪をいかに綺麗に見せるか研究したと明かし、ステージ上で実践して見せる。竹内は「自分自身とは結構ギャップがあるんですけど、芯の強い亜美ちゃんを演じれるようにがんばりました」と話し、楓は「普段は乙女なのに、変身後はみんなの先陣を切って行くようなタイプになるので、そこの演じ分けを意識しました」と語った。

また司会から役を演じてみて変わったことを聞かれた野本は、「最近はみんなに……」とゆっくり切り出す。小林が「言うことわかった! 愛が止まらなくなったんでしょー」としたり顔で言うと、野本は「違う」とバッサリ。しかしすぐさま「結論はそういうことなんだけど! 『ありがとう』とか素直な言葉をたくさん言えるようになって。みんなのことが大好きになりました」と愛情たっぷりに答えた。

ここで秋の新作公演でもこの5人が続投されることが発表される。長谷川は「秋も会えるぞー!」と喜びをあらわにし、楓は「1人パソコンの前で情報を知ることにならなくてよかった(笑)。皆さんと喜びを共有できてよかったです」とコメント。小林は「去年は私にとって初舞台だったので4人に支えてもらっていましたが、今年は4人を支えられるような火野レイちゃんになります!」と意気込みを見せる。

竹内は「どんなカンパニーになるのかすごく楽しみ」と期待を膨らませ、野本は「またこの5人で舞台に立てると思うと楽しみ。素敵な『セーラームーン』を届けられるようにがんばります」と誓う。喜び冷めやらぬ中、5人はおなじみの「ムーンライト伝説」を歌い、イベントは賑やかに幕を閉じた。

コミックナタリーではDVDが発売されたことを記念し、セーラー5戦士のキャスト5人の座談会を公開中。今作で初舞台を踏んだメンバーも多いなか、どのように5人は成長していったのか。先代の5戦士や大和悠河らとの交流エピソードも交えて語ってもらった。DVDの動画も随所に挟んでいるので、併せて楽しんでほしい。
※特集記事へはこちらから!
「ミュージカル『美少女戦士セーラームーン』-Amour Eternal-」特集 野本ほたる、竹内夢、小林かれん、楓、長谷川里桃の新セーラー5戦士座談会 (1/3) - コミックナタリー Pow

コミックナタリーをフォロー