コミックナタリー

「黒バス」ラスト飾る“ご褒美”の映画、寂しさを小野賢章と小野友樹が分かち合う

3913

藤巻忠俊原作によるアニメ映画「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」が、本日3月18日に劇場公開された。

東京・新宿ピカデリーでは初日舞台挨拶が実施され、黒子役の小野賢章、火神役の小野友樹、赤司役の神谷浩史、青峰役の諏訪部順一、緑間役の小野大輔、黄瀬役の木村良平、紫原役の鈴村健一、ナッシュ役の緑川光、シルバー役の稲田徹多田俊介監督が登壇した。テレビシリーズから長きにわたり本作に携わっている小野賢章が、「『LAST GAME』とついていますが、ラスト感があるなとすごく感じてしまって。ちょっと寂しくなってしまいました」と率直な思いを述べると、小野友樹も「終わってみて残った感情が『寂しい』だったんです。俺だけかと思っていたら、賢章もそう言ってくれて。熱く盛り上がった分だけ、これで終わりを迎えてしまうのかというのはうれしくもあり、せつなくもありという不思議な感情でしたね」と続ける。小野賢章は試写鑑賞後の小野友樹から「試写会観てきたぜ」「お前やっぱすげえな」「お前とやれてよかった」と、LINEで3通のメッセージが送られてきたことを明かし、「僕もその後に試写会に行ったんですが、ちょうど藤巻先生もいらっしゃったのでこの話をしたら、『うわ、やば、熱っ。暑苦しい』と言っていました(笑)」と語った。

劇場版について「観たかったものが全部詰まっている」と評する神谷は「本編を最後までがんばってきたご褒美をもらえたような感じがして、素敵な作品に参加できたという多幸感でいっぱいです」とコメントする。諏訪部は「(劇中の試合で)フルタイムで出ていたのは青峰だけなんで、がんばったでしょう。やっぱ最強だなと思いましたね」とアピール。小野大輔は「泣けるシーンがたくさんあった」と振り返り、「(劇中で)支えてくれてるメンバー、観戦に来ている他校のみんなも一緒に試合に参加している感じがして、その姿を見ていると涙が止まらない」と述べた。

昨日劇場版を鑑賞したという木村は、「作品の終わりどきって難しいと思うんです。ここで終わるのはきれいだなと感じながら、まだやりたいなという思いもあり」と複雑な心境を述懐する。鈴村は「(ほかのキャストがしゃべってしまって)もう言うことないよ(笑)」とつぶやきながらも、「浩史が言ったようにご褒美感がある映画です。テレビシリーズというこれまでのバックボーンがあるから、みんなに見せ場があるし、今までのシリーズが濃縮されている」と劇場版の出来栄えに自信を覗かせた。

緑川はナッシュやシルバーを「救いようのない悪」と語りながら、「バスケって5対5ですけど、(黒子たちは)なんだかんだ7人いる。我々のチームはほとんどナッシュとシルバーにスポットが当たっているので、7対2の図式なんですよ」と説明。これには稲田も納得の様子で、「倒しても倒しても次から次へすげえのがくるから」と同調する。また出演が決まった際、監督の役かと思っていたという稲田は、「でも(役名を聞いて)ジェイソン・シルバーって、名前に色がついてるし、まさかと思ったらプレイヤーでした。世界規模で見ると僕も高校生役ができるんです」と発言し、会場を笑わせた。

最後に小野賢章が「これまでずっと『黒子のバスケ』と向き合ってきて、劇場版で最後を迎えられるのはありがたいことですし、お話にもありましたけどご褒美のようです。今日皆さんに観ていただいて、ここから始まったというのもありますし、これからもいろんな人に観ていただければいいなと思います。『黒子のバスケ』に出会えてよかったなと常に思っているんですが、今回の作品をやれて、その思いがさらに深くなりました」とこれまでの思いを吐露し、舞台挨拶は終了した。

なおコミックナタリーでは「黒子のバスケ LAST GAME」の公開に合わせ藤巻にインタビューを実施。映画の原作となった「黒子のバスケ EXTRA GAME」執筆の経緯にはじまり、映画への関わり方、キャラクターへの思い、今後の「黒子のバスケ」の展開などについて尋ねたほか、同じく本日発売の週刊少年ジャンプ16号(集英社)にてスタートした新連載「ROBOT×LASERBEAM」についても語ってもらっている。

※特集記事へはこちらから!
「劇場版 黒子のバスケ LAST GAME」特集 藤巻忠俊インタビュー (1/3) - コミックナタリー Power Push

(c) 藤巻忠俊/集英社・劇場版「黒子のバスケ」製作委員会

コミックナタリーをフォロー