コミックナタリー

おかげさまでナタリー10周年

映画「きょうのキラ君」ヒット祈願、中川大志が胸に突き刺さったセリフ明かす

54

「きょうのキラ君」ヒット祈願バレンタインイベントの様子。左から中川大志、飯豊まりえ。

「きょうのキラ君」ヒット祈願バレンタインイベントの様子。左から中川大志、飯豊まりえ。

みきもと凜原作による実写映画「きょうのキラ君」のヒット祈願バレンタインイベントが、本日2月13日に東京タワーにて行われた。

イベントにはキラ役の中川大志、ニノ役の飯豊まりえが登壇。中川は最初の挨拶で、「寒いですね、皆さん大丈夫ですか?」と屋外のステージに集まった観客たちを気遣い、「温かい時間にできればと思っています」と話した。飯豊は「バレンタインイベントということで、大志くんがキュンキュンさせてくれると思います」と微笑む。

東京タワーは、原作マンガ「きょうのキラ君」でキラとニノが思いを通わせる場所として登場する。本日のイベントでは東京タワーの点灯式も行われ、観客の「ハッピーバレンタイン!」の声に合わせて中川と飯豊は東京タワーを“バレンタインカラー”にライトアップした。“夢と幸福”を表すピンクと“愛と感謝”を象徴するレッドが交互に輝くこの照明は、2月14日までの期間限定。中川は「夢と幸福、愛と感謝。この映画にぴったりですね。それだけを持って生きていきたいです」とコメントした。

続いて飯豊は撮影中の印象に残ったエピソードについて「撮影中はとにかく寒くて、そんなとき音声部さんが温かいお茶を作ってくれて、それがすごいおいしかったんです」と述べ、「そのシーンが大志くんと初めて手をつなぐシーンで、緊張しました」と胸中を明かした。これを受けて中川は「映画の中では手をつなぐこと以上のことをしてるので」とサラリ。映画への期待を煽った。

また映画の中の好きなセリフを聞かれた飯豊は「『岡村、お前が好きだ』っていうどストレートなセリフです。ストレートに言ってもらえるとうれしい」と語る。中川は同じ質問に対して「ニノンちゃんの『365日一緒にいます』というセリフです。すごく力のある言葉で、お芝居していて胸に突き刺さりました」とはにかんだ。

そして中川が「キュンを詰められるだけ詰めました。キュンの詰め放題です。愛を感じられるシーンがたくさんある映画になっています」と作品をアピールし、イベントは幕を閉じた。映画「きょうのキラ君」は2月25日より全国ロードショー。

(c)2017「きょうのキラ君」製作委員会

コミックナタリーをフォロー