コミックナタリー

「プリリズRL」4週連続上映、スタッフがコウジの作詞センスに言及

960

「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ4週連続一挙上映会」第1回の様子。写真手前左から菱田正和監督、坪田文、依田健(タツノコプロ)。

「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ4週連続一挙上映会」第1回の様子。写真手前左から菱田正和監督、坪田文、依田健(タツノコプロ)。

アニメ「プリティーリズム・レインボーライブ」の特集上映「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ4週連続一挙上映会」が2月から3月にかけて東京・新宿バルト9で開催中。その第1夜となる2月11日、監督の菱田正和、シリーズ構成の坪田文が登壇しての舞台挨拶が行なわれた。

「プリティーリズム・レインボーライブ」は、okamaがキャラクター原案を手がけたテレビアニメ。2013年4月から2014年3月まで放送されていたが、後継作となる劇場アニメ「KING OF PRISM by PrettyRhythm」のヒットで人気が再燃し、新宿バルト9の10周年企画の一環として、全51話の上映が行われることになった。

「ハート▽イロ▽トリドリ~ム」が流れる中、ステージに現れた菱田は「こんなちょっと頭がおかしい企画なのに、たくさんの人が集まってくれてありがとうございます」とユーモアを交えて挨拶。続く坪田も「監督が楽屋で『サイリウム、俺はこの色だから』と言っていて、マジでアイドル監督になったんだ、と衝撃でした」とひとイジりし、アットホームな雰囲気の中、舞台挨拶は始まった。

この日上映される1クール目の注目ポイントを聞かれ、菱田が挙げたのは第1話「私はなる!店長にな~る!」。しかしその理由はポジティブなものではなく、「すごく苦悩しながら作ったので観られるのがつらい」という理由から。主人公の彩瀬なるが電車に乗るシーンについて、菱田は「なるは普通の公立の中学校なのに、なんで電車で通学しているの、っていうね……。(身長の低さを印象付ける)絵作りを優先したせい。その辺の設定が詰められていない」と後悔の表情。すかさず坪田は「やっぱり、つらいことがあったんじゃない。ああいう子って」と冗談で応じ、会場を笑わせていた。

その坪田は自身が担当した第5話「私の歌は色▽トリドリーム」について、「菱田さんにすごく書き直しさせられた」と話せば、菱田監督も「あんなに電波を放つ話数になると思わなかった」と述懐し、ともに思い入れがある様子。特に坪田はクールな神浜コウジがかわいらしい「ハート▽イロ▽トリドリ~ム」を作ることに違和感があったようで、「コウジが『ハーピーハーピー』って仮歌入れてんだよ!? ハロプロの曲でつんくさんが歌っているのを聞いたのと同じくらいの衝撃だよ!」と独特の表現で驚きを語った。

最後の挨拶では坪田が「これからもプリズムの煌めきが続くよう、ご支援のほどお願いします」、菱田監督が「この企画は4週続くので(この日病欠となった)西プロデューサーみたいにインフルエンザにならないよう、気をつけてがんばってください」とコメント。大きな拍手とともに舞台挨拶が終わり、いよいよ4週にわたる一挙上映へ。

「『プリティーリズム・レインボーライブ』シリーズ構成 井内秀治様が平成28年12月15日に永眠されました。ご冥福を心よりお祈り申し上げます。」という追悼テロップ、そしてなるの新録メッセージに続いて本編がスタート。オープニングやエンディング、プリズムショー中のみながら応援上映スタイルということで、ファンは思い思いのコール、声援を贈りながら次々に登場するプリズムスタァたちの物語を堪能していた。

なお2月18日、2月25日、3月4日に同会場で行なわれる「プリズムの煌めきを、あなたに!夜のプリティーリズム・レインボーライブ4週連続一挙上映会」第2夜以降のチケットは、KINEZO EXPRESSおよび、劇場窓口にて販売中。

※本文中の▽はハートマーク。

コミックナタリーをフォロー