コミックナタリー

「GJ部」作者の新作ラノベがUJでコミカライズ連載、ジョジョ缶バッジも

57

本日2月19日に発売されたウルトラジャンプ3月号(集英社)にて、「GJ部」で知られる新木伸による新作ライトノベル、「英雄教室」のコミカライズ連載がスタートした。作画を手がけるのは「放課後のトラットリア」の水口鷹志。

「英雄教室」は、人間界を守る英雄の育成を目的としたエリート校・ローズウッド学園が舞台のファンタジーコメディ。才能と実力を認められた人間だけが在籍を許される学園に、謎の少年が転入してくる場面から物語は始まる。

このほか今号には、荒木飛呂彦「ジョジョの奇妙な冒険」に登場するイギーとザ・フールの缶バッジが付属。バンド・デシネ作家ニコラ・ド・クレシーの「プロレス狂想曲」、木村聡が描く貴家悠・橘賢一「テラフォーマーズ」のスピンオフ「テラフォーマーズ外伝 RAIN HARD」は最終回を迎えた。なお「テラフォーマーズ外伝 RAIN HARD」は同じく本日、単行本も刊行されている。

3月19日発売のウルトラジャンプ4月号では、ゲーム「ベヨネッタ」などのキャラクターデザインを手がけた島崎麻里の新連載「アリアドネの冠」が始動。翌5月号からは月刊IKKI(小学館)にて発表されていた、中田春彌「Levius-レビウス-」が「Levius/est」のタイトルで連載を再開する。

コミックナタリーをフォロー